結婚指輪ってどのくらいのお金をかけるの?

ふたりの指輪を合わせて、平均20万円くらい

ブライダルリングで人気の素材と言えば、やっぱりプラチナです。白く美しい輝きが特徴で、変質や変色が起こらないという点が、毎日身に着けるのにぴったりと人気を集めています。
プラチナのシンプルなリングを結婚指輪に選びたい場合は、20万円くらいを予算に探してみると良いでしょう。
このくらいの予算があれば、一般的な幅のシンプルなリングをふたり分揃えることができるはずです。
例えば、彼が幅広の指輪が良いと望む場合や、彼女のリングにはダイヤをたくさん留めたいという場合には、もちろん価格は上がってきます。
幅広にするために、プラチナを通常より多く使用しなくてはなりませんし、ダイヤ一石ずつに価格が異なりますから、留めた分だけプラスになりますよね。
また、ふたりだけのオリジナルデザインを、と考える場合は、デザイン料などが発生する場合もありますので、必ず店頭で確認するようにしましょう。

素材や製法で、お手頃にもハイスペックにも

一見するとシンプルな指輪も、1本50万円以上するものもあれば、1本5万円程で購入できるものもあります。
その価格は一体何で決まるのでしょうか?
50万円する指輪は、まず製法が違います。鍛造製法という、金属を叩いたり伸ばしたりしながら鍛え上げて作るリングは、耐久性に優れているほか、着け心地がとても滑らかで指への負担が非常に少ないのが特徴です。
次に加工の難しさです。プラチナは、柔らかく変形しやすい素材のため、加工が楽です。しかし、鍛造は硬さがある分、加工には熟練の職人技が必要になります。つまりそれだけ価値のあるリングになるのです。さらにダイヤを施したら、50万円するというのにもうなずけます。
反対に、5万円程で購入できる指輪には、シルバーや10K、チタンやジルコニウムなどが使われていることが多いです。ファッションジュエリーに使われている比較的安価な素材を選べば、手頃な価格で揃えることができますよ。